メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

「スピード」×「丁寧さ」が面接率アップのコツ!面接率の向上は、採用成功へ繋がる第一歩です。

「求人広告を出して、応募は集まったけど面接まで来てくれなかった。」
そんな経験はありませんか? 急激な市況の変化により、求職者が複数の企業・店舗を選択できる現在の採用マーケットでは、 せっかくの応募者を面接に呼ぶことが出来ず、そのまま他社に入社するからと断られてしまう…という事態も珍しくありません。面接に至るまでのステップを見直し、面接率を向上させることは、そのまま採用成功率にも直結する重要な課題なのです。

スピード 対応が必要

応募者対応には「スピード」が不可欠です。 応募者のほとんどは複数の企業や店舗に応募しており、採用された応募者の多くが、 「一番最初に連絡をくれた」という理由で面接へ行っています。 レスポンスが速いだけでも「対応のしっかりした企業」という印象を与え、応募者の信用を獲得することができるでしょう。電話応募ならその場で面接日を設定する、ネット応募でも同日中に日程調整のメールを送るなど、早め早めの対応を心掛けてください。

また、電話での応募や問合せが来た時を想定して、専任の担当者以外でもスムーズに対応できるように準備をしておくことが大切です。事情がわからない方が電話に出て保留にすると、応募者にとっては待ち時間がストレスになりますし、待たされた挙句「折り返し連絡する」となれば、時間が無駄になったという印象を持つかもしれません。
たとえば「応募受付シート」や「面接予約シート」を作成し、社内の誰もがシートを埋める形で対応すれば面接まで設定できるようになると、このような機会ロスを防ぐ有効な手段になります。それには担当者だけでなく、フロアの全員に求人を募集している事実を共有することが大切です。

応募対応=会社の印象

スピード対応と並んで大事なのが「応募者への丁寧な対応」です。 企業が応募者の対応を見るのと同じように、応募者も企業の対応をチェックしています。 忙しいからと不愛想な受け答えをしてしまえば会社全体の印象が悪くなりますし、 求人の募集内容や条件を後から変更するなど、応募者に不信感を抱かせる対応は面接率・採用決定率の低下につながります。

逆に、丁寧で細やかな対応ができれば「この会社は信用できそう」とポジティブな印象を与えることができます。 給与・仕事内容などの「条件面」よりも、職場の雰囲気や柔軟さなどを重要視する求職者も多い昨今、 企業の印象は重要な選考ポイントになるでしょう。 「天気が崩れそうですから足元にはお気をつけていらしてくださいね」など、気づかいの一言があるかないかでも、応募者の印象は大きく変わります。応募者も未来の顧客になりうると考え、お客様に対するのと同じような対応を心掛けることが大切です。

面接前日のリマインド

面接を設定できたら、前日か当日にはリマインドコールまたはリマインドメールを送りましょう。 「明日は(もしくは今日何時から)面接の予定ですが、ご都合は大丈夫ですか?」という確認の連絡です。 リマインドを行うことで、応募者に日程を思い出してもらうだけでなく、面接に行くかどうか迷っている応募者の背中を押す効果も期待できます。また、「面接キャンセルの連絡が億劫」という応募者による“ドタキャン”も防ぐことができます。

日々の対応が大切です

ネットで調べれば、たくさんの情報が手に入る時代です。応募者は、応募した企業のHPやSNSをチェックして、求人広告の内容と見比べるぐらいのことは当然のようにしています。過去に応募者に与えてしまった誤解が、どこかのブログや口コミサイトに残っていたら、応募者はそれを御社を判断する材料の1つにするでしょう。
日々の応募者対応が、未来の応募数・面接率に影響すると考えることが必須と言える時代です。応募の段階では、まだ顔も見えない相手ですが、目の前にいるお客様と接するときと同様の「おもてなしの心」が応募者対応にも必要だと考えて、面接率向上を目指していきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷