メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

ハイヤー運転手の応募を単価約2万円で確保!もちろん採用も成功!

1ヶ月半で応募25件

採用するのはもちろん、応募数を集めること自体が難しいハイヤーの役員付き運転手。運転免許を所持していればいいというわけでなく、お乗せする役員が快適に過ごせる丁寧な運転と、時間を無駄にしないために常に複数の移動ルートを把握する事前準備、言葉づかいや立ち居振る舞いにも、一流ホテルのコンシェルジュのようなコミュニケーションとホスピタリティが求められます。

通常の求人メディアだと、長期間掲載しっぱなしということも多い中で、
Indeedを使って採用までのスピードとコストの両面で理想的な結果を
残すことができました。

具体的には、約1ヶ月半の期間で25件の応募数を確保することに成功。
※25件中4件はTEL応募のため、以下では21件で算出。
掲載総額48万円で表示回数5万4193回、クリック数1330回、クリック率2.45%、
応募率1.58%、クリック単価427円、応募単価は2万2857円という内訳です。
一般的な求人メディアを利用するよりも、掲載総額から応募単価までの
どの数値を見ても非常に高い水準だと言えます。

ちなみに面接数は17件で5名を採用。
採用単価で見ても10万円を切ることに成功しました。

キーワードが無限大

Indeedをうまく使いこなして採用成功に至るためには、
クリック単価などの細かな運用とキーワードの網羅率が重要です。

採用ターゲットに置いた人物が、どんなキーワードで検索するか?
どんなキーワードがあると注目するか?
そんな観点で考えたとき、Indeedは他の求人メディアよりも
圧倒的な優位性を持っています。
それは、原稿の文字数に制限がないことです。

Indeedの検索結果の優先順位は、
1.ユーザー(求職者)が検索したキーワード
2.原稿の中に書かれているキーワード
3.上限クリック単価の金額
4.ユーザーの行動履歴
となります。

様々なキーワードが無理なく網羅できるため、
ユーザーがPCやスマホで検索した場合に、ヒットする確率が高い。
それがIndeedからの応募数・採用数の底上げにつながっています。

幅広い年齢に対応可能

TVCMの影響もあってなのか、PCやスマホでIndeedを使っている
ユーザーは若い世代が多いというイメージを持っている方が
多数派です。ところが、今回の事例で狙って採ったのは50~60代。

電車内を見渡せばわかるかと思いますが、
今やスマホを使っているのは若い世代だけではありません。
加えて、キーワードで検索をしたらほとんどの場合
1ページ目に表示されるIndeedは、全年齢対応のツールと言えるでしょう。

ドライバーに限らず、業種・職種・採用ターゲットに応じた
運用をすることで、様々なケースで活用できるIndeed。
なかなか採用できずにお困りであれば、ぜひ一度お問い合わせください。