メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

看護師と生活相談員からの応募を単価1万円でゲット!

働く環境を可視化する

超高齢化社会を迎えていることもあって、数年前までは「社会貢献度の高い仕事」であったり「将来性が有望」というイメージが一般的でした。ところが今では、TVやネットのニュースでも時折取り上げられているように、特に未経験の方からすると介護業界の仕事は「長時間労働」「低賃金」というイメージが浸透しています。もちろんすべての介護・福祉施設がそうだというわけではありませんが、応募者有利の売り手市場となって久しい採用マーケットでは、劣勢にまわっているのが現状です。

単発で募集広告を出しても採用できないので、
広告を出しっぱなしにしているケースも珍しくありませんが、
1ヶ月で4名の応募を獲得することができました。

具体的な打ち手でいうと、Indeedで4万円という限られた予算を有効に使い、
1ヶ月という短期間で4名の応募を獲得することに成功しました。
実は、Indeedを実際に運用する前の段階では、月額20万円で4名という
プランを提案して承認いただいていましたが、結果としては1/5のコストで
目標に到達したことになります。
Indeedは予算をプールしておけるので、別職種で運用する際に
プールした予算を転用することもできます。
この結果に、クライアントも非常にお喜びでした。

ポイントは原稿の内容

Indeedを使えば、必ず採用できるのかと問えば、答えは「否」です。
TVCMなどの影響もあって、掲載件数も急増しているIndeed。
従来の求人メディアと同様に、ポイントを押さえた情報提供、
言ってみれば人材採用のノウハウをきちんと押さえることが不可欠と言えます。

今回の事例では
「年間休日が120日以上あること」
「スタッフ全員が有給休暇を取得・消化していること」
「離職率が低いこと」
などを根拠と共に明確にアピールしたことが成功要因です。
冒頭でお伝えしたようなイメージを持っているであろうカスタマーに
他はともかくここには当たり前の労働環境が整っている点を
わかりやすく強調したのです。

結果は1人あたり1万円という応募単価を実現しました。
「採用どころか応募者を集めるだけでも苦労する」と

いう声が多い介護・福祉業界において、野球で例えれば
ホームランだと言える結果を残すことができたのです。