メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

Indeedで採用できないのは運用の問題!?正しい運用とノウハウを活かし、採用コストを大幅削減!

◇そもそもIndeedとは?

まず、大前提となるのが「Indeedは求人メディアではなく、求人専用の検索エンジン」であるということです。
Indeedは“求人情報限定の”検索エンジンで、世の中のあらゆる求人情報・募集案件を検索することができます。検索結果には、企業のWebサイトの中にある採用ページの情報だけにとどまらず、最近では求人メディアの広告もヒットするようになり、掲載件数が急増しています。
おなじみのフレーズでTVCMも展開しており、一般認知度はここ数年で急上昇したと言えるでしょう。

ところが、大前提である「Indeedは求人メディアではない」という肝心の部分が浸透しておらず、「出せば応募が来る」と誤解してしまっている採用ご担当者様もいらっしゃいます。
一般的な求人メディアは、運営会社(リクルートやマイナビ、パーソルキャリアなど)が展開しているメディアに人が集まるように様々なプロモーションを行い、掲載する広告についても応募効果が出るような作り方のノウハウを蓄積しています。

しかし、Indeedを使い数多くの求人情報の中から自社の募集に応募者を集めるには、予算配分や広告内容を自ら決めなければなりません。さらに掲載中も『座して応募を待つ』のではなく、状況に合わせて細かな修正や調整が必要です。つまり、日々の運用が欠かせないのです。


◇人材ビジネスのノウハウ×適切な運用

Indeedの特殊な点は、求人に特化した検索エンジンであることです。
Web広告を扱う代理店は、もちろん運用ノウハウも実績もある会社がほとんどです。Web上で人を集める専門家ですから、その技術については相当に高いと言えるでしょう。ところが、一般的なプロモーションと求人で異なるのが「誰でもいいから採用したい」ということが考えにくい点です。

自社の商品を売りたい・サービスを利用してもらいたいという思いのあるセールスプロモーションでは、メインの購買ターゲットを想定して広告が展開されます。さらにメインのターゲット以外が商品を買う・サービスを利用するのことも歓迎されますし、プロモーションが広がれば広がるほど嬉しいということになります。

ところが求人の場合では「こんな人材が欲しい」と明確に決まっているケースがほとんどです。たとえば、特定のスキルや技術を持つ人が欲しいのに、憧れだけの素人が応募してきたら?せっかくのプロモーションも無駄だったということになってしまいます。

つまり、採用対象と言える人材だけを集めるのが求人の基本であり、Indeedを本当の意味で有効活用するには、人材ビジネスとWeb広告の両方のノウハウが必要になるのです。


◇正しい運用で、採用をコストの大幅削減に成功!

うまく活用できれば、採用コストを大幅に削減できるのもIndeedの魅力です。
一般的な求人メディアは、週単位や月単位の掲載に対して課金されます。一方、IndeedはWeb広告と同じクリック課金型で、1回のクリックごとに課金される仕組みになっています。クリック単価も自分たちで決めることができ、そもそも掲載期間という概念がなく広告の内容もいつでも修正できます。
つまり、無駄が出にくくコストのコントロールがしやすいという特徴があるのです。

ここで、Indeedを活用し、コスト削減に成功した事例をご紹介いたします。とあるインテリアショップ様ではアルバイトの販売スタッフを募集していました。Indeedを活用する前は、求人メディアを使っていらっしゃいましたが、採用コストが大きくかかっていることが問題になっていました。
そこで、弊社でIndeedの運用を含め、採用を支援させていただいた結果、大きく採用コストを削減することに成功しました。

<弊社がお手伝いする前>
応募単価が1万6000円から7万円を超える応募単価(応募数2~9件)

<弊社がお手伝いしてから>
応募単価約7000円(応募数45件)
と、コストを半分以下に削減することが出来ました。

Indeedに情報を載せるための「自社ホームページがない」「採用ページがない」という場合でも、月額8500円からという低価格で採用ホームページを作成することも可能です。「Indeedを使っているけど、思ったように採用できない」などのお悩みをお持ちであれば、是非お気軽にお問い合わせください!

  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷