「従業員エンゲージメント」とは?従業員エンゲージメントを高めることによるメリットをご紹介!

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2021.3.12.Fri

「従業員エンゲージメント」とは?従業員エンゲージメントを高めることによるメリットをご紹介!


「従業員エンゲージメント」とは?

「従業員エンゲージメント」とは、従業員から企業への理解・信頼を意味し、
「会社への貢献意欲」を持っている状態のことです。
聞きなれた言葉でいうと、愛社精神といえば分かりやすいでしょうか。
従業員エンゲージメントが高い従業員が多ければ、自社への愛着および
貢献意欲の高さから業務への高いモチベーションも維持でき、離職率も低いのです。


「従業員エンゲージメント」を構成する3要素

「従業員エンゲージメント」は、主に3つの要素で構成されています。

①会社への理解
企業への愛着は、企業理念やビジョンを理解することからはじまります。
自分の持つ理想と企業の理念がマッチしていれば、
「企業理念の実現のために自分は何をすべきなのか」を自発的に考え、行動するようになります。

②会社への共感
企業理念やビジョンへの理解に加えて、それに対して従業員がどれだけ
共感してくれているのかも重要なポイントとなります。
会社としての目標に共感できれば、自分が会社にいる意義を見出し、
責任感を持って業務に取り組むことができます。
従業員と直接的なコミュニケーションを密に取りながら、
話し合いや意見交換を重ねていきましょう。

③行動意欲
「従業員エンゲージメント」が高い従業員は、企業が良くなるために自発的に考え、
行動しようとする意欲も高くなります。企業理念やビジョンを理解し、
共感しているからこそ、「会社が成功するために積極的に動こう」という意思を持てるのです。
自身の行動が会社に貢献できていると感じられれば、従業員エンゲージメントはさらに高まり、
企業への愛着や信頼も増してくるでしょう。


「従業員エンゲージメント」を高めることによるメリットとは?

それでは、「従業員エンゲージメント」を高めることで、
具体的にどのようなメリットを得られるでしょう?
従業員エンゲージメントの向上で得られる5つのメリットを紹介していきます。

①業績の向上
企業の業績の向上は、従業員エンゲージメントを向上させることに
よって得られる大きなメリットのひとつです。
従業員エンゲージメントと企業業績には密接な関係があり、
従業員エンゲージメントの向上によって営業利益率や労働生産性が
向上するとの研究結果もあります。

②従業員のモチベーションの向上
従業員エンゲージメントの向上は、従業員本人のモチベーションアップにもつながります。
企業に対する愛着や目標への共感から、自分の業務に価値を見出し、
積極的に取り組めるようになっていきます。
会社のために何をすべきかを自分自身で考え、
従業員自身が自発的に業務に取り組むようになるのです。

③職場の雰囲気が良くなる
従業員エンゲージメントの高い従業員が多い職場は、自然と雰囲気も良くなっていきます。
各々が自分の仕事に誇りを持って、自発的に業務に取り組むようになると、
お互いの意見や情報交換なども活発に行われるようになります。
社員同士で生産的な意見の交換が行われ、優秀な人材にとって満足度の高い職場になっていきます。

④顧客満足度の向上
従業員が積極的に業務に参加するようになると、顧客満足度も向上も見込めます。
顧客が求める質の高いサービスを自然と提供できるようになっていくので、
企業に対しても良い感情を持つようになり、業績の向上にもつながっていきます。

⑤離職率の低下
働きながら、自分が会社に貢献できている実感を得られる環境なので、
そこから離職したいと考える従業員は少ないです。
人材不足の昨今、せっかく採用し、育てた人材の離職を防止するためにも
従業員エンゲージメントの向上は必須といえます。
さらに、エンゲージメントの高い従業員が多く在籍することで、
「一丸となって目標に向かっている」という一体感が強まります。
また、離職率の低下は、採用コストの削減にもつながります。


いかがでしょう?
従業員は、賃金や労働環境の良さだけを目的として会社に在籍しているというわけではありません。
従業員エンゲージメントの向上に取り組み、従業員から自社への愛着と共感が深まれば、
従業員と企業のつながりもより強固なものとなっていくのです。

また、以前掲載した「従業員満足度の向上のためのポイント」に関する記事もぜひ併せてご覧ください。
→記事はこちらから


弊社では、御社の採用におけるお悩みをお伺いし、
市況に応じた採用のアドバイスや、最適なご提案を随時行っております!

ぜひお気軽にご相談ください。

 お問い合わせはこちらから
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷