メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

アルバイト・パートが辞めてしまうのはなぜ?【定着率UPのコツを紹介!】

「アルバイト・パートが長く定着しない。」そんな悩みを持つ企業様は意外と多いです。今回はスタッフの退職を減らす工夫や、定着率を上げるための取り組みをご紹介します!

アルバイトの退職理由

アルバイト・パートが辞める原因で最も多いのは「職場の雰囲気」への不満です。アンケートでは「店長や社員の人達の雰囲気が悪い」「長い期間働ける環境ではない」など、職場の雰囲気や環境に関する理由が常に上位に入っています。安定したマンパワーの確保には、アルバイトスタッフが楽しくポジティブに働けるような環境づくりが不可欠なのです。
職場の環境・人間関係は入社してみないと分かりにくい部分なので、「自分の職場は良い環境だ」と感じていれば転職を考えた時に踏みとどまってくれることも多く、アルバイトとして長く定着しやすくなります。

定着率UPのコツ3選

アルバイトスタッフの職場選びには、「勤務地が自宅から近い(41.2%)」「時間の融通がきく(32.7%)」など、自分のライフスタイルに無理なく“ハマる”ことが重要視されます。だからこそ、人間関係でストレスを感じるとすぐに辞めてしまうという傾向も。そんなアルバイトさん達に長く活躍してもらうには、綿密なコミュニケーションが欠かせません。

■入社前の工夫点
面接後、合格を出してもいいと思える人材にはその場で職場の見学や同僚の紹介をすることも有効です。働く環境を実際に目の当たりにすることで、求職者は事前に職場を理解できるだけでなく、自分が働くイメージを持ちやすくなります。入社が決まったら初出勤の前にメールを1通送りましょう。「スタッフみんなが楽しみに待っている」「こんな風に一緒に働こう」などのポジティブなメールは、「出勤日なのに来ない…」という可能性を大きく減らすことにつながります。

■ちょっとした気くばりで定着率UP!
初出勤時には、結婚式などで見かける「ウェルカムボード」を作成し、お店やオフィスの入り口に置いておきましょう。勤務初日は誰でも不安や緊張を感じるものです。軽いサプライズと共に「歓迎されている」と伝えることで不安や緊張が払しょくされ、職場に対してポジティブなイメージを抱けるでしょう。ウェルカムボードとはいえ、凝ったものでなくても構いません。たとえば普通のコピー用紙にスタッフの集合写真と手書きで一言ずつコメントが寄せ書きになっているくらいでも十分に気持ちが伝わりますよ。

■会話の量をなるべく増やすことが大切!
会話は「ほとんどコストがかからないツール」です。特別な内容ではなくても、一言二言でもいいので「質より量」を意識して積極的に会話をしていきましょう。そうすることで周囲にも早めに馴染むことができ、アルバイトさん本人も居心地良く働けるようになります。こうした取り組みは、スタッフ一人だけでなく周囲にも好影響を与え、より一層職場内の人間関係が良くなる効果も期待できます。

職場全体で歓迎しよう

採用担当や店長など、一部の取り組みだけではアルバイトの定着率向上は非常に難しいと言えます。「自分は必要とされている」「楽しく働ける職場だ」と感じてもらうためには、一緒に働くスタッフ全員で新しいメンバーを受け入れる体制が大切です。例えば「来週の〇曜日から〇〇さんというアルバイトさんが入ります」など、事前に共有を行うだけでも入社時に周囲が話しかけやすくなり、馴染みやすい環境に近づきます。様々な工夫を凝らしながら、期待と不安が入り混じっている新しいアルバイトさんを歓迎ムードでお迎えしていきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷