メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

7週間で69名応募、12名を採用!求人メディアも使い方次第でコストダウン!

メディアで大量採用

大手スポーツクラブのある店舗で、学生バイトの卒業による退職に備えて10名以上の大量募集という案件をいただいたことがあります。1~2名の採用は、定期的に行っていましたが1度に2ケタの採用というのは、この店舗では過去にも例がない案件。これまでの実績では、応募数と採用数を割り返すと採用率は20%ほどです。つまり、10名応募が来て2名を採用するイメージでしたから、単純計算で考えても50名以上の応募数が必要となります。また、採用にかけられる予算は通常の5倍、というわけにもいかずこの応募数を確保しうる
プランニングが要求されました。

従来の採用はタウンワークを利用していたこのクライアント。
通常であればより大きい枠で掲載するか、別のメディアとも
一緒に掲載する「メディアミックス」などがオーソドックスな打ち手です。
ただし、この方法だと掲載費も高額になるため、本部の決済が下りません。
そこで、掲載するスペースの大きさは変えず、他のメディアも使わずに
学生スタッフが卒業する3月には新スタッフが稼働できるよう年明け1月から
6週間の長期掲載をご提案しました。

なぜ6週間かと言うと、従来の募集でも1週あたり約10名の応募数が
確保できていたため、5週(キャンペーンを併用して無料で1週間プラス)で
50名の応募数を獲得するというのは現実的ですし、一度の掲載で高額な
広告を掲載するより、充足したら掲載を止めるという条件なら
本部の稟議も通りやすいと考えたためです。

いつも通りで採用成功

大量募集だからといって、なにか特別なことをしなければ
採用できないのでは?とお考えになる向きもあるかもしれませんが、
今回のケースで言えば、「1度の掲載費を抑えて6週間の連載にする」
というメディアの使い方を変えただけになります。

これが成立する理由は3つ。
「従来の採用ターゲットと同じ」
「従来の募集広告で毎回採用ができていた」
がまず2つ挙げられます。
タウンワークは基本的に1週間掲載。
同じ1週間で5倍以上の採用数を確保しようとしたら
その難易度は非常に高く、またコストも比例して
高額になっていたでしょう。

3つ目の要因が、アルバイト募集で6週間という期間を
あらかじめ設定できたことです。
急ぎになればなるほど、多くの求職者に自社の募集情報を
知らしめるため、掲載スペースのアップやオプション商品の利用、
それに伴う原稿内容の見直しや社内調整といった手間が掛かります。
それがなくなるだけでも、企業側のメリットは計り知れません。

時期ごとの施策を活用

タウンワークに限らず、多くのメディアには無料のキャンペーンなど
様々な施策が展開されます。これらは年明けや春先など人のライフスタイルが
変わる時期だけでなく、年間を通じて定期的にリリースされていますので、
まずはその確認をするだけでもコスト削減と採用成功率向上は図れます。
また、そのメディアを使ったことがない新規でのご利用の場合は、
さらにお得になる場合もあります。

特定のメディアだけでなく、地域性や案件の内容次第でベストなメディアを
提供できる広告代理店をお選びください。