貴社の採用は適正ですか?最適度を測るための「無料診断」始めました! – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

貴社の採用は適正ですか?最適度を測るための「無料診断」始めました!

新型コロナウイルスの影響により、企業の求人意欲は著しく低下し
依然として求人倍率は低調に推移しています。
それにより最近は応募が集めやすくなった、
採用しやすくなった企業が増えたはずです。

一方で、こんな時期だからこそ、
「うちの採用方法は合っているの?」「もっとうまく採用できないの?」
といった疑問を感じ始めている企業も多いため
弊社ノウハウを活用した採用の無料診断をご紹介します。

<こんなお悩みや疑問にぴったり!>
▷採用目標に対して、うちの採用予算って多いの?少ないの?
▷募集案件毎に応募数や費用に偏りは出ていないだろうか?
▷有効応募は集まっているか?
▷応募~採用までの歩留まりは平均的なのだろうか?

■主な診断テーマ
①求人メディアは最適な使い方になっているか?
普段は求人広告を出稿しても、効果の良し悪しを
応募数や採用有無だけで判断していて、多角的で総合的な分析や
検証を行っていないというケースがあります。
例えば、「エリア×媒体」「職種×媒体」など複数の掛け合わせで、
応募数や応募単価を比較し、採用難易度や投資配分を可視化。
これまで一律に募集していた方法から、案件ごとに強弱をつけて、
より効果的なメディアの利用が実現できます。




②検索~定着までの歩留まりは良い?悪い?
たくさんの費用を使って、多くの人に見てもらい、
応募を集めることが採用成功に繋がるとは限りません。
むしろ効果的な採用は、興味を持ってくれた人が高い確率で採用に繋がり、
かつ、長く活躍し続けてくれることです。
CVRを高めることは、余計な採用時間や労力、コストを削減でき、
シャープな採用スキームを実現できます。
貴社のCVRをチェックさせていただき、
改善項目やその施策まで提案させていただきます。




2020年の5~6月に求人件数が底をつき、少しずつではありますが、
毎月求人件数は増え続けています。
それでも、すぐに売り手市場に変化することはないと思われますが、
数ヶ月後や2022年は需給バランスが逆転し、採用難が訪れるかもしれません。
そのときに、新しい採用戦略が立ち上がっているように、
自社の採用診断を試してみてはいかがでしょうか?


最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
無料診断のご希望やその他ご質問がございましたら、
お気軽にお問い合わせください!



――――――――――――
執筆・編集/株式会社アクシアエージェンシー FMコンサルティング事業部

株式会社アクシアエージェンシーのご紹介
リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー 昭和29年に創業した株式会社産案グループホールディングスのグループ会社。リクルート求人広告代理店として平成15年に設立した後、人材採用のパートナー企業を目指し幅広いサービスを展開し年間約5000の企業・店舗の採用をサポート。現在はセールスプロモーション領域にも力を入れ、Googleマイビジネス、HP・動画制作、WEB広告で集客の支援をしています。

会社概要 弊社の実績
お問い合わせはこちらから
 
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷