無料で求人広告を掲載する方法とは!?応募が集まる効果的な手法をご紹介します! – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2021.8.19.Thu

無料で求人広告を掲載する方法とは!?応募が集まる効果的な手法をご紹介します!

入社

採用活動を行う上で「採用コストの削減」は採用担当者の大きなテーマ。
予算が限られている中、目標としている人数の採用を決める為に毎月頭を悩まされることも多いのではないでしょうか。ハローワークへの登録、貼り紙、従業員の紹介など、無料で求人掲載ができる手法に着手されている採用担当者の方も多いと思いますが、今回は「自社採用ページ」「求人検索エンジン」「SNS」を使って、無料で求人掲載できる手法についてご紹介します。



1.自社採用ページを制作して求人を無料掲載

最近の求人マーケットではオウンドメディアリクルーティング(自社が保有するメディアでの採用活動)が活発になり、自社で採用サイトを保有するケースが増えてきました。

無料で自社の採用ページを制作できるサービスも増えており、リクルートの「Air Work採用管理」やエン・ジャパンの「engage」は求人検索エンジンと連携できるため利用者も多く、効果が期待できます。どちらも簡単にページ制作ができるため手間もそれほどかかりません。
Air Work採用管理の特徴

・世界最大級の求人検索エンジンindeedへ無料掲載可能。
・80種類のデザインから気に入ったものを選べる。
・制作時間は約10分。プロが作ったような仕上がりに!
・採用ページ制作、求人掲載、応募者受付・管理まですべての機能が無料。
 もちろん採用が決まっても費用はかかりません。

⇒無料でindeedへ掲載もできる「Air Work採用管理」とは?

engageの特徴

・indeed、LINEキャリアへの自動掲載
・他求人検索エンジンやSNS連携に対応
・録画面接ツールやオンライン適正テスト等を無料で利用可能。(制限あり)

機能の特徴を見ると、「engage」は正社員採用に向けたサービスが充実していて、「Air Work採用管理」は雇用形態問わず利用できるイメージです。どちらも無料で利用できるので、年間通して採用ニーズがある場合や、良い方の応募があれば採用したいと考えている場合には両方利用されることをお勧めします。


2.求人検索エンジンを無料で使う方法

Indeed、Googleの仕事検索、スタンバイ、求人ボックスに代表される求人情報に特化した「求人検索エンジン」の利用者は年々増えており、日本におけるIndeedの月間訪問数は3460万(2020年1月)にも上ります。
Indeedなどの求人検索エンジンでは無料掲載も可能で、その手法は直接求人を入力して投稿する直接投稿と、採用サイトを求人検索エンジンに連携させるクローリング掲載に分かれています。

「直接求人投稿」


求人検索エンジンのサイト上で求人情報を直接入力して、求人広告を作成する方法です。
Indeedの場合、HP(https://jp.indeed.com/hire)にアクセスして「無料で求人掲載する」をクリック。
ナビゲーションに従いアカウントを作成し、求人情報を入力して投稿を作成します。


「クローリング掲載」


採用サイトと求人検索エンジンを連携させて、採用サイトの内容をIndeed上で検索できるようにする方法です。
連携のためには、採用サイトの仕様を求人検索エンジン毎のクローリング掲載条件に合わせる必要があります。 例えば採用サイトをIndeedと連携させる場合には、

①自社サイトに求人ページがある
②HTML形式で作られている
③応募方法が明記されている
④仕事内容、勤務地、労働条件が明確に記載されている
⑤求人毎にURLが指定されている

という条件をクリアする必要があります。
採用サイトのクローリングによる掲載ができれば、採用サイトの情報を更新するだけで複数の求人検索エンジンの情報も合わせて変更されますので採用活動の効率は劇的にアップします。


3.SNSでの求人募集

Facebook、Instagram、Twitterの投稿機能を使い、無料で求人情報を告知する方法もあります。とはいえ、求人情報だけを投稿してもなかなか効果は見込めません。
普段からユーザーにとって価値のある企業・お店の情報を投稿して、アカウントを育てる(フォロワーを増やす)ことで、求人投稿の効果が出るようになります。多くのユーザーが魅力的に感じている企業・お店であれば大きな効果が期待できるでしょう。またSNS広告を使えば、狙った採用ターゲットに対して求人情報を配信することも可能です。


4.無料求人のメリット・デメリット

無料求人のメリットは何といっても求人掲載コストが0円であることです。応募を効果的に集めることができれば採用コストも0円になりますが、一方で無料求人にはデメリットもあります。

デメリット①応募を集めるスピードが遅い


例えば求人検索エンジンのIndeedにおいての無料求人では有料求人と比較して表示される回数は少なくなります。また、無料で自社の採用サイトを制作した場合においても、そのサイト単体での集客力(SEO効果)はあまりなく、応募獲得のスピードを上げるには集客力のあるコーポレートサイトからのリンクが必要になります。

デメリット②魅力的な求人情報を作る手間がかかる


採用ターゲットとなる求職者からの応募を集めるには魅力的な求人情報・企業情報を発信していく必要があります。採用サイトの場合には画像・写真・時には動画を利用して企業の魅力を求職者にPRしていくことが重要です。発信する情報によって効果は大きく変わってきますので自社にノウハウがない場合には、求人専門の制作会社に依頼し、取材・撮影の上、一度魅力的な求人サイトを作り込むことをお勧めします。

アクシアエージェンシーでは求人広告や採用サイトの制作代行も行っていますのでお気軽にご相談ください。


いかがでしたでしょうか。無料で求人掲載する方法は数多くあります。複数の手法を利用することである程度の効果は見込めるはずですが、一方で難易度の高い求人募集やスピードが求められる案件については無料求人だけでの採用成功は難しいことも多いです。その場合は、有料の採用手法と合わせてご検討いただくことをお勧めします。


――――――――――――
編集・執筆/株式会社アクシアエージェンシー WEBマーケティング推進室

株式会社アクシアエージェンシーのご紹介
リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー 昭和29年に創業した株式会社産案グループホールディングスのグループ会社。リクルート求人広告代理店として平成15年に設立した後、人材採用のパートナー企業を目指し幅広いサービスを展開し年間約5000の企業・店舗の採用をサポート。現在はセールスプロモーション領域にも力を入れ、Googleマイビジネス、HP・動画制作、WEB広告で集客の支援をしています。

会社概要 弊社の実績
お問い合わせはこちらから
 
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷
お問合せはこちら