Indeed有料求人広告掲載/3つの方法のメリット・デメリットを徹底比較 – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

Indeed有料求人広告掲載/3つの方法のメリット・デメリットを徹底比較

圧倒的なユーザー数を誇る求人検索エンジンのインディード。今では月間訪問数が2930万を超え、多くの求職者が求人検索を目的にサイトを訪れています。その数は既存の求人メディアの2~3倍程となっており、応募効果も年々上がってきています。掲載企業も増加の一途をたどり、今では毎日数千件もの新しい求人広告がインディードに掲載されています。

自社の採用サイトなどを利用して無料でインディードを掲載している方も多いと思いますが、最近無料求人の効果が落ちてきているという声を多く聞くようになりました。その理由は、有料求人広告件数の増加と無料求人掲載のアルゴリズムの変化。無料で掲載できる求人と有料での求人掲載とでは効果差は5~6倍ほどあると言われてきましたが、その効果差は更に広がってきています。無料求人の効果が減少してきている中、有料求人(スポンサー求人)への掲載を検討している企業も増えてきており、弊社へも多くのお問い合わせを頂いております。
今回はインディードの有料求人広告掲載を検討されている方に向けて、クリック単価の調整など運用が必要な「直接投稿」「採用サイトのクローリング」という2つの方法と、運用の必要がない「求人メディアのオプション」という3つの広告掲載の方法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。


【直接投稿でのIndeed掲載】
インディードの管理画面から直接求人を作成する方法です。求人票では「職種名」「勤務地」「仕事内容とアピールポイント」「求める人材」「勤務時間/曜日」「交通アクセス」「待遇/福利厚生」などの項目が記載できます。掲載にあたり単価や予算調整などの広告運用が必要になります。

「直接投稿で掲載するメリット」
①求人情報を素早く簡単に修正ができる。
掲載開始後の求人情報をいつでも簡単に修正できるのが直接投稿の魅力の一つです。応募や採用状況を確認しながらキーワードの追加、給与・労働条件の見直し、ターゲットの変更などをスピーディーに行うことで採用成功の確率を上げていくことが可能です。インディードは運用型広告であるため、掲載後の単価調整や原稿修正で効果が大きく変わっていきます。直接投稿はインディード運用に適した掲載の方法であると言えます。

②原稿閲覧から応募までの離脱が少ない。
インディードの直接投稿掲載では応募迄の画面遷移が少なく求職者が応募完了まで迷うことがないため、途中で離脱することが少ないのが特徴です。採用サイトのクローリングではサイトの構成によっては応募完了までの遷移率が低くなってしまうケースもあるので注意が必要です。また、直接投稿では応募方法を「Indeedカンタン応募」を設定すれば求職者は最低限の情報を入力するだけで応募できるため応募画面から応募完了までの離脱率の改善にも繋がります。大量採用、スピード採用が必要な場合は「Indeedカンタン応募」を設定し少しでも多くの方に応募をしてもらえるようにする必要があります。一方で正社員採用など面接前に書類選考が必要な募集の場合は「Indeed履歴書応募」に設定し、応募の段階で履歴書の提出を必須にしましょう。

「直接投稿で掲載するデメリット」
①自社採用サイトへの流入は出来ない。
直接投稿型の掲載では自社の採用サイトへ遷移はしません。魅力的な採用サイトを持っている場合には「採用サイトのクローリング」での掲載がおススメです。また、採用サイトへアクセスしないため、リターゲティング広告等の総合的なWebマーケティングの施策は打てません。

②原稿を1から作成する必要がある。
直接投稿ではインディードの管理画面から求人を1から作成する必要があります。フォーマットの必須項目をすべて入力することで入稿ができますが、それだけでは欲しい人材からの応募は見込めません。採用ターゲットに対して魅力的な原稿を作成しなければ効果を出すのは難しいので、最低限の求人広告設計のノウハウや給与・労働条件の相場感の知識は必要です。また、大量の案件を掲載する場合はそれだけで多くの工数がかかります。原稿作成を請け負ってもらえるインディード代理店に依頼するのが現実的な選択肢になります。


【採用サイトをクローリングしてのIndeed掲載】
自社の採用サイトの情報をそのままインディードに掲載する方法です。直接投稿型の掲載と同様に単価や予算調整などの広告運用が必要になります。

「採用サイトをクローリングして掲載するメリット」
①求人原稿を作成する必要がない。
採用サイトの情報をそのままインディードに掲載する為、新たに原稿を作成する必要はありません。掲載中の修正においても自社の採用サイトの情報を更新すればインディードに反映されるので直接投稿と違い、手間はかかりません。

②情報量が多く魅力的な採用サイトへ誘導できる。
自社のサイトであれば社員のインタビューやキャリアプランの記載、写真、動画などを使用し魅力的な情報を発信していることが多いと思います。採用サイトへ誘導できれば、案件ごとの募集情報だけでなく自社の魅力をしっかり伝えることが可能になります

③リターゲティング広告で再訪問を促せる。
採用サイトへアクセスした求職者に対して、再訪問を促すためのバナー広告(Googleではリマーケティング広告、Yahoo!ではリターゲティング広告)を配信することが可能になります。案件数が多く年間を通じて多くの人員を採用する必要がある企業においてはインディードだけでなく総合的にWebマーケティングの施策を打つことで採用効率を上げていくことが必要になります。基本的には広告代理店による運用が必要になりますが、インディードだけでなく採用サイトを最大限活用していく場合にはクローリングでの掲載がおススメです。

「採用サイトをクローリングして掲載するデメリット」
①Indeedの掲載条件を満たした採用サイトが必要
採用サイトをインディードに掲載する為には6つの条件を満たす必要があります。
 1.求人情報が自社サイトに掲載されている事
 2.HTML形式で作られていること
 3.応募方法が明記されていること
 4.仕事内容、勤務地、給与、労働条件が記載されていること
 5.求人毎にURLが指定されている事
 6.その他、応募者に費用負担があるなどのガイドライン違反がないこと
条件を満たしていないサイトの場合はクローリング掲載にあたりサイトの修正が必要になります。また、応募効果の把握や詳細レポートを作成するためにサイトに計測タグを埋め込む必要があります。

②原稿修正作業に時間がかかる。
採用サイトのクローリングでは場合によって原稿修正を採用担当者だけで完結ができない(サイトの運用担当者が別にいる、制作会社に依頼しないといけない)、数百の案件修正を自社で行はなければならないなど、手間と時間がかかってしまうケースも多くあります。
インディードは運用を重ねて効果が改善していくものですので、掲載開始後の後工程も考慮して進めていく必要があるでしょう。


【求人メディアのオプションを利用してのIndeed掲載】
タウンワーク、リクナビNEXT、ユメックス、求人ジャーナル、ジョブオプライトなど既存の求人メディアのオプションを利用してインディードの有料求人に掲載する方法です。単価や予算の調整はできず、オプション料金に応じて自動で運用されます。

「求人メディアのオプションを利用して掲載するメリット」
①手間がかからない。
いつも利用されている求人メディアがあれば、その原稿にオプションをつけるだけなので手間はかかりません。(タウンワークであればアイプラス。リクナビNEXTであれば外部アプローチパック)また、クリック単価や予算の設定も不要ですべて自動で運用されます。

②メディアミックスで効果的に応募者を集めることができる。
インディードの効果が高いとはいえ、もちろん既存の求人メディアもそれぞれ良さがあります。案件やターゲット次第で既存の求人広告がインディードの効果を上回ることは多々あるため、企業によってはインディードだけで採用充足ができないケースもあります。既存のメディアで効果が出ている場合はインディードをオプションとして利用して最大限の効果を上げていく方法が良いでしょう。

「求人メディアのオプションを利用して掲載するデメリット」
①運用ができない。
オプションを利用しての掲載の場合、クリック単価や予算の調整は一切できません。決められた期間中、すべて自動で運用されるためIndeedをしっかりと運用した場合に比べるとクリック単価(1原稿当たりの閲覧単価)は高騰する傾向にあります。

②本格的な分析ができない。
オプションでの掲載の場合、どのようなキーワードで流入したかなどの詳細なデータが取れないため、本格的な分析はできません。あくまで既存の求人メディアのサブとしてインディードにも転載されるという考えで掲載する必要があります。


以上3つの掲載方法について、それぞれのメリット、デメリットについて解説しました。
Indeedの有料求人掲載は自社にあった方法を選択する必要があります。有料求人掲載をご検討の際にはお気軽にアクシアエージェンシーまでお問い合わせください。ご相談、打ち合わせは無料です。

インディードの広告運用について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
WEBコンサルが実践するIndeed広告運用における3つのコツとは!?


編集・執筆/Indeed公式パートナー(シルバーパートナー)株式会社アクシアエージェンシー
WEBマーケティング推進室

株式会社アクシアエージェンシー
採用に関わる総合広告代理店として全国各地、様々なメディアの取り扱いが可能。WEBマーケティング推進室は求人・採用×WEB/SNS広告を専門に取り扱う組織であり、Indeedの運用代行では全国展開している大手企業から、中小企業、個人店、派遣・紹介会社の様々なお客様を担当。また採用ホームページ、リクルーティング動画の企画・制作やリスティング/ディスプレイ広告、SNS配信など、幅広いサービスを提供しています。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷