リクルート新商品「まいにちサーチオファー」/中途採用の工数とコストを削減して、求める人物を採用できる新サービス。 – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2021.1.27.Wed

リクルート新商品「まいにちサーチオファー」/中途採用の工数とコストを削減して、求める人物を採用できる新サービス。

コロナの影響を受けて求人倍率が大きく減少した求人マーケットは売り手市場から買い手市場に急速に変化しました。買い手市場にマーケットが変化したことで、採用における企業の大きなテーマとなるのが「採用工数」と「採用コスト」の削減です。リクルートが2020年にリリースした中途採用向けの新商品【まいにちサーチオファー】は、求める人材の採用可能性を高めつつ、「採用工数の削減」と「採用コストの削減」が可能です。


【求人マーケットは買い手市場に変化】
冒頭お伝えした通り、コロナの影響を受けて求人マーケットは買い手市場に変わり、募集を出せば多くの人材が集まるようになりましたが、企業にとっては良いことばかりではありません。その中には求める人材ではない応募も多くありますので、応募者対応には多くの時間が取られてしまいます。企業イメージを損ねないために応募者に対する丁寧な対応も必要になりますので求める人物像以外の応募は求職者、企業の双方にデメリットしかありません。また企業としては早急に利益の改善が求められている状況ですので、売上向上に繋がる仕事に注力しなければなりません。そんな状況の中「採用工数」の増加は大きな負荷になりますので買い手市場において採用工数の削減は非常に重要になってきます。

次に「採用コストの削減」についても考える必要があります。「採用工数」を削減するために「人材紹介」を利用している企業も多いと思いますが、買い手市場においては見直しが必要になります。「人材紹介」は一般的に年収の30%前後の紹介手数料を支払う必要があり、年収500万円の人材採用であれば手数料は150万円。人材紹介は成果報酬の為、リスクは少ないですが採用単価は非常に高くなります。売り手市場の中では募集を出しても求める人材が集まらず、案件によっては手数料の高い「人材紹介」を利用してもコストが変わらないとことも起きていました。しかし買い手市場に変わった今、高い手数料を支払わなくても採用できる可能性があり、「人材紹介」で採用していた募集案件も改めて見直す必要があります。また、求める人材にだけアプローチでき、やり方次第では採用コストも抑えられるダイレクトリクルーティングは非常に魅力的ですが採用担当者のノウハウが必要かつ多くの工数がかかるためノウハウ・仕組みが確立されていない場合には見直す必要があるでしょう。

もちろん「求人広告」「人材紹介」「ダイレクトリクルーティング」など、今までの手法・サービスも使い方次第で「採用工数」「採用コスト」の削減は可能ですが、削減のノウハウ、アウトソーシングの利用、各社との交渉も必要になるでしょう。新商品の「まいにちサーチオファー」はそんな手間を一切かけずに、求める人材を、低コストで採用できる可能性が高まるサービスです。


【まいにちサーチオファーの商品概要】
まいにちサーチオファーは「リクナビNEXT」の会員登録者の中から、約6か月間にわたり、御社の求める人材に対して最大5,000通のDMを送付できます。また、DMを受け取った求職者のみが限定公開求人を閲覧できるサービスです。DMは初回配信から6か月間、毎週月、火、木曜日にターゲットに対して自動で配信(サーチ配信)することができるので、新しく会員登録した(転職活動を開始した)ターゲットに対しても、タイミング良くDMを配信することが可能です。サービスの料金は一律54万円。どんなターゲット設定でも何人採用しても料金は変わりません。




【まいにちサーチオファーの3つの特徴】
まいにちサーチオファーの特徴をまとめると下記3つになります。

1.採用可能性を高める求める人材に限定した「DM送信」
2.採用工数を削減する「限定公開求人」と「サーチ配信」
3.採用コストを削減する「料金設定」


それぞれについて解説していきます。


1.採用可能性を高める求める人材に限定した「DM送信」
まいにちサーチオファーの1番の特徴が、求める人材に6か月間にわたりDMを送信できることです。正社員の転職活動は3~6ヵ月と長期に渡ることも多いため1~2か月の求人掲載やその期間中のみのDM配信では求職者とすれ違いが起こってしまうこともあります。6か月という長い期間があれば、その間、新たに転職活動を始めるターゲットにもベストなタイミングでDMを配信することが可能になり、求める人材の採用可能性を高めることができます。




2.採用工数を削減する「限定公開求人」と「サーチ配信」
まいにちサーチオファーではDMを受け取った求職者のみが限定公開求人を閲覧できるため、すべての求職者が閲覧できる求人広告と比較すると書類選考の手間がかかりません。



また、まいにちサーチオファーの、DMの文面は固定、送信対象者の絞り込み・送信は自動で行われますのでサービス開始後の手間もかかりません。



採用担当者の業務は求める人物との面接日程調整がメインになりますので「人材紹介」を利用した場合と同様に大幅に「採用工数の削減」が可能になります。


3.採用コストを削減する「料金設定」
まいにちサーチオファーの料金は、「どんな人材」を「何人採用」しても54万円になります。人材紹介を利用した場合には一般的に手数料は年収の30%となりますので、まいにちサーチオファーを利用して採用ができれば「採用コスト」を大幅に削減することができます。

■採用コスト例(年収500万円の人材を2名採用した場合)
 <人材紹介利用>
 年収500万円×手数料30%×2名採用=採用コスト300万円 採用単価150万円

 <まいにちサーチオファー利用>
 年収500万円×2名採用=採用コスト54万円 採用単価27万円

人材紹介と違い早期離職の場合の返金はありませんが、募集職種によっては大幅に採用コストを削減できる可能性があります。求める人材によって採用可能性も異なりますので、御社の求める人材の採用可能性についてはお気軽にお問い合わせください。


【採用マーケットの変化に合わせて戦略の見直しが必要】
採用マーケットが売り手市場から買い手市場に変化したことで採用戦略の見直しが必要になります。売り手市場と同じ採用戦略では無駄に採用コストをかけてしまうこともありますので、「まいにちサーチオファー」のようなサービスだけでなく、採用HPやWEB広告の利用などを含めて、新たに採用戦略を考える必要があるでしょう。アクシアエージェンシーでは「採用コンサルティング」「全国の求人広告」「人材紹介」「採用HP制作」「採用動画制作」「WEB/SNS広告」「採用代行」「定着支援」など採用に関わる全てをトータルでサポートしています。「まいにちサーチオファー」の検討だけでなく、人材に関わる課題がありましたらお気軽にお問い合わせください。

★アクシアエージェンシーのサービス内容はこちら。

――――――――――――
編集・執筆/株式会社アクシアエージェンシー WEBマーケティング推進室

株式会社アクシアエージェンシーのご紹介
リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー 昭和29年に創業した株式会社産案グループホールディングスのグループ会社。リクルート求人広告代理店として平成15年に設立した後、人材採用のパートナー企業を目指し幅広いサービスを展開し年間約5000の企業・店舗の採用をサポート。現在はセールスプロモーション領域にも力を入れ、Googleマイビジネス、HP・動画制作、WEB広告で集客の支援をしています。

会社概要 弊社の実績
お問い合わせはこちらから
 
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷
お問合せはこちら