【採用お役立ち情報】募集が集まったらいざ面接!事前に準備しておくべきこととは? – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

【採用お役立ち情報】募集が集まったらいざ面接!事前に準備しておくべきこととは?

求人広告を掲載して募集をかけ応募が集まったら、次のステップは面接です。
いざ面接となった際に慌てないよう、今回は面接実施前に準備すべきことをご紹介いたします。
面接の際に聞くべきこと・話すべきことの整理のほかに、公平公正な選考をするために、
誰もが納得のいく明確な基準を設けて、できるだけ複数の人で慎重に検討していきましょう。

◇分かりやすい選考基準を設定する

よりよい人材を選ぶには、さまざまな角度から評価・検討する必要があります。
たとえば、単に「職種経験」だけで見れば未経験者の評価は低くなりますが、
会社によっては適性があり、意欲や目標がある未経験者を優先採用する例も見られます。
正しい総合評価ができるように、自社に合う評価項目や重視ポイントに合わせた選考基準や、
選考シートなどを作成しておくと、面接官が複数いる場合でも目線合わせがしやすくなります。

【選考基準の例】

<ビジネス基本マナー>
・服装・身だしなみはどうか?
・言葉遣いや態度はどうか?
・面接に遅刻などはしていないか?
・必要な書類を適切に提出したか?

<コミュニケーション力>
・人の話をきちんと聞き、理解できているか?
・相手が理解できるように話ができているか?
・適切かつ簡略な説明ができるか?

<意欲や姿勢>
・今後の努力目標がある人か?
・事前に当社のことを調べるなど、指示がなくても主体的に動けているか?
・自主的な技能向上や資格取得などをしているか?

<職歴・知識・技能レベル>
・当社の業務に直結して役立つ職歴か?
・直結はしないが、応用可能な職歴か?
・業務に直結して役立つ知識や技能を有しているか?

◇取り消しはしないことを前提に検討する

法律では、採用通知は「雇用契約の成立」とみなされます。
一旦、「採用します」と通知すれば、その取り消しは解雇に等しいのです。
客観的に見て合理的な理由があり、社会通念上も納得のいく場合でない限り、 取り消しはできません。

◇応募書類や選考資料の扱いに留意する

応募者の個人情報が不特定多数の人に見られないようにしましょう。
たとえ社員であっても、選考担当者以外の人に履歴書を回覧するなどは禁物。
応募書類はカギのかかる場所に保管しましょう。

◇不採用通知の注意点!こんな断り方はトラブルの元

NG例:求人広告には「経験不問」としたのに「あなたの経験内容では、ちょっと採用は難しい状況でした」
NG例:求人広告では週3 日勤務可だったのに「週5 日勤務できる人でないと厳しいとの意見がありまして……」
<不採用の詳しい理由は説明しなくてOK>
不採用となった人に、選考過程の意見など詳しい内容を告げる必要はありません。
心苦しさから、安易に不採用理由を話すと、逆に不信感を持たれトラブルを招きかねません。

真摯に選考を行った結果、応募者の期待に応えられる結果にならなかったという姿勢で伝えることがコツです。
そのあと不採用となった理由を尋ねられた場合は、
「弊社の採用基準に照らして選考した結果から出た最終決定です」
「申し訳ないのですが、弊社では選考に関する内容は非公開としています」
といった回答をするのが良いでしょう。
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷