「えるぼし認定」とは?くるみん認定との違いや取得のメリットをご紹介します。 – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2020.12.18.Fri

「えるぼし認定」とは?くるみん認定との違いや取得のメリットをご紹介します。


「えるぼし認定」とは、2016年に施行された女性活躍推進法に基づいた厚生労働省の認定制度の一つです。
この認定は厚生労働省が定めた基準を満たし、女性活躍を推進している企業に対して与えられます。
その中でも、満たした項目の数によって、1つ星~3つ星まで認定のグレードが変わってきます。
「えるぼし」の「える」は、Lを意味しています。このLには、Lady(女性)、Labour(働く、取り組む)、Lead(手本)などさまざまな意味があり、「円」は企業や社会、「L」はエレガントに力強く活躍する女性がイメージされています。

先日ご紹介した「くるみん認定」制度と同じく、女性が働きやすい労働環境についての認定マークになりますが、「くるみん」は子育てサポート企業の認定マーク、「えるぼし」は女性活躍を推進している企業の認定マークとなりますので、混同しないよう注意しましょう。
「くるみん認定」についてはこちら

女性活躍推進法とは?

女性活躍推進法とは2016年4月1日に施行された、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」です。
この法律では、女性自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性の個性と能力が十分に発揮されることが重要とされており、以下の3つが企業に対して義務付けられています。
※常時雇用労働者が301名以上の企業には義務、300名以下の企業に対しては努力義務となっています。

① 自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析
「女性採用比率」「勤続年数男女差」「労働時間の状況」「女性管理職比率」について状況を把握・課題分析をすること

② 状況把握・課題分析を踏まえた行動計画の策定・届出・公表
「目標(定量的目標)」「取組内容」「実施時期」「計画期間」を即した行動計画を策定し、労働者に公表すること

③ 女性の活躍に関する情報公表

詳しくはこちら

「えるぼし認定」を受けるメリットとは?

えるぼし認定を受けるメリットは大きく2つあります。

① 女性が活躍できる企業だと社内外にアピールすることができる
「えるぼし認定」のマークは、自社の商品や広告、採用活動において利用することが可能です。
また、厚生労働省のWebサイトにも「えるぼし認定企業」として掲載されるため、社内外に大きくアピールすることが出来ます。
女性活躍を推進している企業として、認知度向上やイメージアップを図るだけでなく、女性の求職者に対して大きなメリットとなるため採用活動においても一助になるでしょう。

② 公共調達や低利融資の優遇措置を受けられる
「えるぼし認定」を受けた企業は、国の各府省が行う総合評価落札方式や価格競争方式によって公共調達を行う際に、加点評価されるため、優遇措置を受けることが出来るというメリットもあります。

まとめ

働き方改革やダイバーシティなど、近年企業の在り方が大きく変わってきています。
「えるぼし認定」や「くるみん認定」について、その認知度も徐々に上がってきていますが、まだ十分とは言えないのが日本の現状です。
そういった中で、認定を受けることが出来れば、社内外に対して非常に強力なアピール要素となります。
イメージアップや認知度アップだけでなく、優秀な人材を採用する場合でも有効な制度と言えるでしょう。

「くるみんマーク」とは?メリットや取得の条件をご紹介します
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷