Indeed広告運用で成果を出す3つのコツとは!?WEBコンサルが実践するポイントを解説/Indeedシルバーパートナー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2020.12.23.Wed

Indeed広告運用で成果を出す3つのコツとは!?WEBコンサルが実践するポイントを解説/Indeedシルバーパートナー


TVCMでも話題の求人検索エンジンIndeedの月間訪問者数は2930万を数え、今では多くの企業・お店が採用活動にご利用されています。そんなインディードですが、今までの求人広告とは違い、効果を出すためには「広告の運用」が必要になります。WEB広告もそうですがインディードの広告運用にも効果を出すためにはある程度のノウハウが必要な為、なかなか簡単に成果には繋がりません。人事担当者ご自身で運用してみたけど「やり方が正しいかわからない」、代理店に頼んでみたものの「イマイチ効果が上がらない」、そんなケースも多くあるかと思います。
そんな運用が難しいインディードで成果を出すために最低限押さえておきたいポイントは下記の3つになります。

★Indeedの広告運用で成果を出す3つのコツ
①無駄クリックを削減する
②予算の適正配分
③運用開始後のPDCA

もちろん他にも運用のポイントはありますが、この3つができていれば成果を出すことができます。


【無駄なクリックを削減するコツ】
効果的な運用で重要なポイントの1つは、採用ターゲット以外のクリックを極力減らすということ。
具体的には「職種名の工夫」と「配信エリアの絞り込み」が必要になります。
この2点を実践することで無駄な予算の消費を大幅に減らすことができます。

「職種名の工夫」
職種名は具体的に分かりやすく記載する必要があります。

例1:2t車のドライバーで酒類のルート配送を行う募集の場合
× ドライバー …車両の大きさや何を運ぶか分かりません。
△ 2tドライバー …車両の大きさは分かるが何を運ぶかが分かりません。
〇 2t酒類ルート配送ドライバー …車両の大きさや運ぶ荷物が分かりクリック後のギャップが生まれません。

例2:特別養護老人ホームでの介護スタッフ(介護福祉士の有資格者)募集の場合
× 介護スタッフ …どのような施設で働くか?必要な資格があるのか分かりません。
△ 特別養護老人ホームでの介護スタッフ …働く施設は分かるが必要な資格が分かりません。
〇 特別養護老人ホームでの介護スタッフ(介護福祉士資格者限定)…働く施設と必要な資格がわかりクリック後のギャップが生まれません。また一覧画面で有資格者限定の募集とわかるようにすることで無資格者のクリックを減らすことができます。

Indeedはタウンワーク、バイトル、マイナビバイトなど、既存の求人広告の効果出しとは違う考え方が必要です。今までの求人広告ではとにかく詳細の求人情報を見てもらうために、職種名でターゲットが絞り込まれるような記載をしないケースがほとんどでしたが、クリック課金型のインディードではターゲット以外の方のクリックを極力減らす必要があります。クリックが大量に発生することで多くの予算が無駄に使われてしまうので費用対効果の悪化に繋がってしまうのです。

「配信エリアの絞り込み」
インディードには案件毎に配信エリアを絞り込む機能があります。正社員採用であれば60分、アルバイト採用であれば30分前後が通勤の目安です。それを参考にしながら配信エリアを絞り込むことで採用可能性の高いエリアにいる求職者のみに広告を配信できます。とはいえ、求職者の行動履歴に基づいて表示される情報は変わること、求職者は移動中にも仕事を探す可能性が高いことを考えると絞り込みをし過ぎてしまうと効果が出ないという状況にもなりかねません。難易度の高い案件であればある程度広いエリアに配信していくが良いでしょう。


【予算の適正配分】
2つ目のコツは予算を適正に配分する事。具体的にはコストと採用スピードを考慮した上での「クリック単価の設定」と難易度に合わせた「キャンペーンの設定」をする事です。それぞれ詳しく説明していきます。

「クリック単価の設定」
クリック単価の初期設定は基本的には過去の同様案件での成功事例をベースに決定していきます。どれくらいの単価になりそうか?については担当の代理店に問い合わせれば回答が得られると思います。(一般的には運用実績が豊富にあるシルバーパートナー以上の代理店であれば様々な案件において対応可能できると考えられます。)とはいえ、クリック単価の設定をコスト削減という観点だけで考えてはいけません。インディード掲載の背景には「いつまでに」「どんな人を」「何人とりたい」という採用計画があるはず。同じような募集職種であっても3ヵ月後までに1人採用決めたいという場合と、1ヵ月で10人採用したいという場合ではクリック単価の設定も大きく変わります。他社の成功事例をベースにしながら自社の採用計画に合わせてカスタマイズしていくことが重要になります。

「キャンペーンの設定」
複数の案件をインディードで運用する場合、広告を適切に管理・運用する為にキャンペーンの設定(似たような案件ごとのグルーピング)をします。一般的には職種別、地域別、雇用形態別に分けてキャンペーンを設定し、そのグループごとにクリック単価や1日単位・月単位の予算設定をします。また、「確実に応募者を集めたい」という案件だけを集めて特別にキャンペーンを組み、クリック単価を上げることで応募者獲得のスピードを上げるということも可能になります。オープニングスタッフの募集や派遣会社様が注力している(確実に稼働させたい)案件などの場合は、そのようなキャンペーンを組む方が効果的です。
一方で、キャンペーン設定で絶対やってはいけないことがあります。
それは難易度が大きく違う案件(想定されるクリック単価が大きく違う案件)を同じグループにいれてしまうこと。適正なクリック単価の設定ができないため「低コストで応募を獲得できる案件のクリック単価が高騰してしまう」または「難易度の高い案件がまったく表示されない」という状況に陥る可能性があり、効果的な運用は難しくなります。


【運用開始後のPDCA】
最後のコツは運用開始後にPDCAをしっかり回すこと。インディード=運用型広告であるため、継続的にPDCAを回していくことで効果が大きく変わります。運用スタートから半年後に応募単価が3分の1になるということも珍しくありません。以前に比べて有効求人倍率が大きく下がり応募者の獲得が容易になっている現在、「クリック単価の見直し」「有効な応募数と応募単価」「個別案件ごとの充足」を意識してPDCAを回すとより効果的です。

「クリック単価の見直し」
有効求人倍率が1倍近くまで下がり応募者を集めやすい状況になっています。全国的に求人数も減少していますので以前よりクリック単価を低く設定しても応募者を獲得できる案件が増えています。応募者が集まりやすい案件については「上限クリック単価を15円に設定する(インディードで設定できる最低の上限クリック単価)」「無料求人に設定する」のどちらかの打ち手が必要になります。※無料求人掲載のルールは随時変更されていますので無料に切り替える場合は専門の代理店に相談することをお勧めします。

「有効な応募数と応募単価」
上記でもお伝えしている通り、応募者を集めやすい環境ですので単純な「応募数」「応募単価」のチェックだけでは効果的な運用は出来ません。現在重要な指標はターゲットとなる採用可能性のある方の応募(有効応募)の数と、その単価です。求人倍率は下がっていますので必然的に「応募単価」は下がりますが、「有効応募単価」はまったく変わっておらず、応募者対応の負荷だけが増えているケースが多くなっています。重要なのは採用可能性のある有効な応募を増やすこと。そこを念頭に置きながらPDCAを回す必要があります。

「個別案件ごとの充足」
全国展開している企業や派遣・紹介会社のIndeed運用は案件数が非常に多いため、全体最適で運用(全体での目標応募数や応募単価を設定してその達成をKGIとするなど)することがほとんどでした。全体最適での運用で進めていくリスクは人気の案件の良い効果に引っ張られて、個別案件の採用目標が達成できていないというケースがあること。全体では目標は達成しているものの個別の案件を見に行くと、「3ヵ月間応募が0」「応募単価が平均の5倍」になっているということもあります。以前よりも応募者を集めやすくなっている今、 案件全体での目標応募数の獲得や応募単価の達成はしやすくなっています。改めて採用が上手くできていなかった個別案件に注力することが全体の採用充足への近道になるはずです。※アクシアエージェンシーでは採用難の個別案件に対する市場・競合調査も実施可能です。


圧倒的なユーザー数を誇るインディード。効果的な運用ができれば、採用の強い味方になります。Indeedの広告運用やWEB・SNSを使っての募集で、お困りごとがあればお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。

編集・執筆/indeed公式パートナー(シルバーパートナー)株式会社アクシアエージェンシー
WEBマーケティング推進室

株式会社アクシアエージェンシー
採用に関わる総合広告代理店として全国各地、様々な求人メディアを取り扱っています。WEBマーケティング推進室では求人・採用×WEB/SNS広告を専門に取り扱っており、Indeedの運用代行では全国展開している大手企業から、中小企業、個人店、派遣・紹介会社の様々なお客様を担当。その他、採用HPやリクルーティング動画、リスティング/ディスプレイ広告、SNSなど、幅広いサービスを提供しています。

お問い合わせフォームへ
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷