「ユースエール認定制度」とは?認定されるとどんなメリットがあるのかご紹介します – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2020.12.23.Wed

「ユースエール認定制度」とは?認定されるとどんなメリットがあるのかご紹介します


「ユースエール認定制度」とは、若者の採用や育成に対して積極的に取り組み、さらに雇用管理の状況が優良な中小企業を認定する制度です。
この制度は2015年10月に施行された、「若者雇用促進法」という法律を基に、認定基準を満たした企業に対して厚生労働省によって認定が行われます。
優良な中小企業とあるように、この認定制度の対象になるのは、常時雇用する従業員が300名以下の企業のみと限られています。
この制度の名前には、「若者(youth)」を「応援(yell)」するという意味が込められています。
「ユースエール認定」を受けることは、「若者にとって働きやすい環境を提供している企業である」と国からお墨付きをもらえるということになります。

認定を受けるメリットとは?

「ユースエール認定」を受けるメリットは大きく分けると6つあります。

①ハローワークなどで重点的PRを実施
「わかものハローワーク」や「新卒応援ハローワーク」などを利用して、積極的にPRすることができます。
また、厚生労働省が運営する若者の採用・育成に積極的な企業などに関するポータルサイト「若者雇用促進総合サイト」などにも認定企業として企業情報を掲載することが出来るので、広くアピールすることが可能です。

②認定企業限定の就職面接会などへの参加が可能
各都道府県労働局・ハローワークが開催する就職面接会などについての案内を優先的に受けることが出来ます。
就職面接会などに参加することで、就職を希望する若者などの求職者と接する機会が増え、より適した人材の採用を期待できます。

③自社の商品、広告などに認定マークの使用が可能
認定を受けた企業は、ユースエールの認定マークを、商品や広告などに付けることができます。
この認定マークを使用することによって、若者雇用促進法に基づく認定を受けた優良企業であるということをアピールすることができます。

④若者の採用・育成を支援する関係助成金を加算
若者の採用・育成を支援するため、認定企業が以下の各種助成金を活用する際、一定額が加算されるメリットがあります。
◇キャリアアップ助成金
◇人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)
◇トライアル雇用助成金

⑤日本政策金融公庫による融資制度
日本政策金融公庫(中小企業事業・国民生活事業)において実施している「働き方改革推進支援資金(企業活力強化貸付)」を利用する際、基準利率から-0.65%での融資を受けることができます。
※「働き方改革推進支援資金(企業活力強化貸付)」についての詳細はこちら

⑥公共調達における加点評価
公共調達のうち、価格以外の要素を評価する調達(総合評価落札方式・企画競争方式)を行う場合は、契約内容に応じて、ユースエール認定企業は加点評価を受けられます。

様々な認定制度の違いを理解して、企業活動に役立てましょう

以前の記事でご紹介した、仕事と育児の両立支援に取り組んでいる企業に対して認められる「くるみん認定」や、女性活躍を推進している企業に対する「えるぼし認定」など、優良な企業を応援する認定制度は様々あります。
それぞれの認定制度は基準も多く、そのすべてを満たすことは難しいことではありますが、メリットも多くあります。
企業のイメージアップやブランディングなど、色々な角度から求職者にアピールすることが可能になる認定制度を利用して、企業価値を高めてみませんか?

くるみん認定とえるぼし認定について詳しくはコチラ

「くるみん認定」とは?取得するメリットとは?条件もあわせてご紹介します


「えるぼし認定」とは?くるみん認定との違いや取得のメリットをご紹介します。
お問い合わせフォームへ
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷