メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2022.3.22.Tue

就活生とのやり取りでメールは古い?!多様化する連絡手段の選定方法とは?


新卒採用をしていると、年々学生の特徴が変わってくると耳にすることがあります。
近年では若者のメール離れが起こり、23卒の就活生の中では、就活を通して初めてメールを使用するという人も少なくないようです。

新卒採用において、最良の連絡手段は何なのでしょうか。就活生との連絡方法について、情報をお伝えしたいと思います。


■最近の就活生のメールの使用について

2008年にiPhoneが日本で発売され、それを機に日本でもスマホの普及率が高くなりました。

初めて手にする携帯がスマートフォンという人も多く、年々ガラケーを使ったことがない世代が増えてきています。また、それと比例してメールを使ったことがない人が増えているのも現状です。

スマホでもメールは使用できますが、使わない人が多い理由は、以下が挙げられます。
①SNSが普及し、やり取りしにくいメールは使う必要がなくなった
②迷惑メールが多く、使いたくなくなった

基本的には、会員登録や本人確認の必要があった際にメールを使用するくらいになっているため、メールのリテラシーは低い人が多い傾向です。


■メール・LINEの比較

採用活動において、今まではメールや電話が一般的でしたが、最近ではLINEを活用する企業が増えてきました。それぞれのメリットを把握しておきましょう。

◆メールのメリット

・LINEに比べ個人情報漏洩になりにくい
・気軽さがない反面、節度を保ったやり取りができる
・企業側が学生のビジネスマナーのレベルを判断する材料にできる

◆LINEのメリット

・学生が気軽に質問できる
・迷惑メールなどがないため確認されやすく、双方が既読を確認できる
・メールと違い、宛先や件名の入力の手間が省ける

また、他の手段としては電話、ナビサイトでの連絡ツール、その他TwitterやInstagramなどのSNSがありますが、現状ではメールのやり取りをしている企業が圧倒的に多いです。理由としては、基本的に入社後に社内やお客さんとのやり取りでメールを使うケースが多く、入社前にメールを使える、ビジネスマナーがある学生を採りたいからです。

ただし今後は、学生の状況やリテラシーの変化により、メール以外の連絡手段が台頭する可能性も考えられます。


■まとめ

普及率の高いLINEは、気軽さや使いやすさによって採用活動に活用されるようになってきました。一方で、個人情報漏洩のリスクや、人事と就活生間でのトラブル発展など、メリットだけではないことも起こり得ます。また、基本的に入社後にメールを使うケースが多いため、メールでのやり取りの方がビジネスマナーを判断できる材料にもなります。
ただ、入社後にLINEを使う企業については、LINEを活用して採用活動を行ってもいいかもしれません。

新卒採用については23卒から企業側が採用再開の動きが出ているため、再び売り手市場に傾いていくと考えられます。そうなると、いかに学生との接点の「質・量」を向上できるかがカギになると思います。
SNSは連絡の手段として学生も企業も使いやすいのは事実ですが、そこに取り巻くリスクを鑑みた上で検討することがポイントとなるでしょう。

アクシアエージェンシーでは「採用コンサルティング」「全国の求人広告」「人材紹介」「採用HP制作」「採用動画制作」「WEB/SNS広告」「採用代行」「定着支援」など採用に関わる全てをトータルでサポートしています。
人材に関わるお悩みがあればお気軽にご相談ください。


サービス資料を今すぐダウンロード
  
「リクナビ」について詳しくはこちら


Instagram・Facebook・Twitterを開設しています。
マーケティングおよび採用に役立つ情報を随時発信しています!ぜひご覧ください。
◆Instagramはこちら
◆Facebookはこちら
◆Twitterはこちら

――――――――――――

編集・執筆株式会社アクシアエージェンシー HRコンサルティング事業部
――――――――――――



株式会社アクシアエージェンシーのご紹介
リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー 昭和29年に創業した株式会社産案グループホールディングスのグループ会社。リクルート求人広告代理店として平成15年に設立した後、人材採用のパートナー企業を目指し幅広いサービスを展開し年間約5000の企業・店舗の採用をサポート。現在はセールスプロモーション領域にも力を入れ、Googleマイビジネス、HP・動画制作、WEB広告で集客の支援をしています。

会社概要 弊社の実績
お問い合わせはこちらから
 
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷
お問合せはこちら