動画×Googleマイビジネスで店舗集客を加速させよう!! – 株式会社アクシアエージェンシー

メニュー

KNOWLEDGE

具体的な課題解決の事例をご紹介します

About our service and solution

2021.7.2.Fri

動画×Googleマイビジネスで店舗集客を加速させよう!!

Googleマイビジネスに動画投稿ができることをご存じでしたか?
Googleマイビジネスでは、30秒程度の動画を投稿し、自社のサービスや商品の魅力をユーザーにより伝わりやすく発信することができます。
この動画投稿機能、活用している店舗はまだそれほど多くないのが現状です。なので、動画を活用し、文章や静止画だけでは伝えきれない情報を発信することで、他社との差別化に加え、集客力に大きく差をつけるには今がチャンスです!

そこで今回は、集客における動画活用メリットと<動画×Googleマイビジネス>での集客UPのポイントについてご紹介します。


1.店舗集客における動画活用メリットとは?

店舗集客における動画活用のメリットは大きく3つあります。
店舗集客における動画活用のメリット

①短時間で多くの情報が伝えられる
②イメージがしやすく、印象に残りやすい
③アクションの促進に効果的

では、この3つのメリットについて説明させていただきます。

①短時間で多くの情報が伝えられる


動画は、文章や写真などの静止画と比べて圧倒的な情報量を持っています。1分間の動画は、180万言語分、Webサイト3,600ページに相当する情報量と言われているほど。この動画の持つ情報量の多さが集客UPにとても役立つのです。

例えば、家具などを自身で組み立てる際、説明書に書かれた文章を読むだけではなかなか理解できない部分も、実際に組み立てている動画を見れば、大体のやり方が理解できます。このように、文章だけの説明よりも、一度動画を見たときの方が短時間で情報を理解することができます。


②イメージがしやすく、記憶に残りやすい


動画は視覚と聴覚に訴えるため、説得力を持って店舗の魅力を伝えることができます。

文章や静止画だけでは、店舗や商品、サービスなどの魅力・特徴を明確に表現し、細かなニュアンスまで伝えるのはとても難しいです。
しかし、動画では、映像やアニメーションを使い、そこにナレーションや文字を乗せることで、ユーザーにより具体的なイメージを持ってもらうことができるのです。

また、人は動きのあるものに目が奪われやすい性質があるため、動画での情報発信は人の記憶に残りやすいという特徴もあります。


③アクションの促進に効果的


商品やサービスに関連する動画が掲載されている場合、その動画を視聴してから購入検討するユーザーが大多数となります。ビデオリサーチによる調査では、「ネット動画の視聴が認知から購入に至るまでの購買行動プロセスにおいて、なんらかの影響を及ぼしている」と答えた人は、動画視聴者ベースで3人に2人、調査全数ベースでも3人に1人と一定の割合で存在しているという結果が出ています。
この結果からも、動画による情報発信は集客において非常に有効なコンテンツと言えます。

参考▶「動画生活者®統合調査2020」https://www.videor.co.jp/press/2021/210208.html



このように動画には高い情報力があり、ニュアンスや雰囲気の部分を含めより明確な情報をユーザーに伝えることができるコンテンツです。しかし、動画を作るだけでは集客には繋がりません。作った動画を活用し集客UPを狙うためには、動画がより多くの方の目に届くように発信していく必要があります。

そこで動画の投稿先として、Googleマイビジネスの活用をおすすめします。
では、動画投稿にもGoogleマイビジネスが有効な点についてもご紹介させていただきます。


2.動画×Googleマイビジネスで集客UPに効果的



現在、多くのユーザーがローカル検索と呼ばれる、“地域名 × サービス”で情報を検索する様になっています。このローカル検索結果で上位に表示されるのが、GoogleマップつまりGoogleマイビジネスの情報になります。



例えば、“渋谷 × 居酒屋”で検索した場合、上記の写真の様にGoogleマイビジネスの情報が、SEO対策を施されたグルメ検索・予約サイトやおまとめサイトよりも上位に表示されます。

またさらに、Googleマイビジネスの情報は検索結果では2~3件ほどが最初の検索ページで表示されます。この上位の3件以内に表示されることで、必然的により多くのユーザーに自店を知ってもらう機会の増加に繋がります。そのため、現在はGoogleマップ上での上位表示を狙う対策(MEO対策)を多くの店舗が行っており、MEO対策による上位表示は日々厳しさを増していっています。

そのような中で、他社との差別化を図れるのが動画投稿です。
先にもお伝えした通り、Googleマイビジネスでのお知らせやイベント情報、メニュー、写真等の機能を活用されている店舗は多いものの、動画を活用されている店舗はまだまだ少ない状況です。

そのため、多くのユーザーが行うローカル検索にマッチしており、かつGoogleマイビジネスでの動画活用がまだまだ進んでいない今だからこそ、<動画×Googleマイビジネス>の効果を得られやすく、他社との差別化や集客に大きく差をつけることが可能です。


ここまでで、動画とGoogleマイビジネスそれぞれのメリットとこの2つを掛け合わせることによる集客効果についてご説明させていただきました。
では次に、投稿する動画はどのような動画を作成したらよいのかについて紹介していきます。


3.どのような内容の動画をUPしたらいいの?


より集客に結びつけるために、動画撮影の際に意識しておいた方が良いポイントを2つご紹介させていただきます。

・しっかりと店舗とサービスのこだわりを紹介する


飲食店や美容室などの店舗であれば、外観・内観や実際にサービスをしている様子など、お店の雰囲気を伝えるとともに、他との違いを感じられるポイントをしっかりと作ることが大切です。

例えば、飲食店であれば、こだわりのメニューにフォーカスした動画を作成するとします。その際、出来上がりの映像や料理の説明だけでなく、その料理の調理工程から見せることで、静止画では伝えきれない臨場感を出し、ユーザーに「食べてみたい!」「これが気になる!」と思ってもらえることでしょう。


・1つのテーマに絞った動画を撮影する


Googleマイビジネスに投稿できる動画は最大で30秒までとなっており、一つの動画で店舗の全てを伝えきるのはとても困難です。なので、動画を撮影する際は、まず初めに店舗紹介なのか、一押しメニュー紹介なのか、新商品の紹介なのかなどテーマを絞った動画を撮影することが大切です。

もちろんのことですが、動画もただUPしたら良いというわけではありません。まだ、行先の決まっていないユーザー(見込み顧客)に、どんな印象を与えたいか?そのためにはどこをアピールしたらよいか?をしっかりと考えて、それに合った動画を撮影してみてください。


4.まとめ


今回は、<動画×Googleマイビジネス>での集客UP活用法についてご紹介させていただきました。
店舗集客における動画活用のメリット

①短時間で多くの情報が伝えられる
②イメージがしやすく、印象に残りやすい
③アクションの促進に効果的

この3つの動画の強みを活かし、ローカル検索に強く、動画活用がまだまだ少ないGoogleマイビジネスを掛け合わせることで、集客UPの可能性が高まります。
Googleマイビジネスには登録しているがまだ動画は活用していない、集客をもっと上げていきたいとお考えでしたら、ぜひ動画も活用してみてはいかかでしょうか。


ここまでご覧いただき、<動画 × Googleマイビジネス>が集客UPに効果的な点についてご理解いただけたのではないでしょうか。

「Googleマイビジネスを上手く使いこなせてない」「動画の撮影もGoogleマイビジネスの登録も自分でやるには自信がない」「動画撮影だけでもどこかにお願いしたい」などありましたら、MEO対策や動画撮影のプロにご相談してみるのもおすすめです。
弊社では、Googleマイビジネスの活用、MEO対策、動画の撮影・制作、WEB広告まで幅広く集客支援を行っております。
詳細は採用動画サービス「E-THREE」のサービス紹介ページをご覧ください。

何か集客対策でお悩みのことや気になることがあれば、お客様へ最適なプランのご提案はもちろん、ご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
また下記より、Googleマイビジネスのメディアガイド(媒体資料)もダウンロードできますので、ご興味をお持ちいただけた方はぜひご覧になってください。

ダウンロードはこちら



――――――――――――
編集・執筆/株式会社アクシアエージェンシー セールスプロモーションチーム

株式会社アクシアエージェンシーのご紹介
リクルートトップパートナー/Indeedシルバーパートナー 昭和29年に創業した株式会社産案グループホールディングスのグループ会社。リクルート求人広告代理店として平成15年に設立した後、人材採用のパートナー企業を目指し幅広いサービスを展開し年間約5000の企業・店舗の採用をサポート。現在はセールスプロモーション領域にも力を入れ、Googleマイビジネス、HP・動画制作、WEB広告で集客の支援をしています。

会社概要 弊社の実績
お問い合わせはこちらから
 
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
  • 印刷